老後の資金に投資

老後の資金に投資について

老後資金は投資が一番

今の日本はマイナス金利です。お金を借りるには良い佳境なのかもしれませんが、銀行へ預け入れでは、多くのメリットは期待できません。老後資金の運用に頭を悩ます熟年世代から、今から老後資金を検討している新社会人まで、数ある資産運用の種類の中から、投資をお勧めします。リーマンショックを乗り越え、円高の厳しい経営環境に耐えて、成長を続けている日本企業、IT時代に世界が認める先端技術を開発している日本企業、多くのノーベル賞受賞者を輩出している日本と、その技術が活きている日本の企業に停滞はありません。成長を続ける日本企業に投資しましょう。大きな成果が実ります。

金融商品の種類と特徴

所有する財産を活用し収益を得る行為が資産運用ですが、対象となる金融商品には多くの種類があります。代表的なものは預金、貯蓄型生命保険、債券(国債・社債)、株式、REIT(不動産投資)、FX(外国為替証拠金取引)、投資信託です。元本保証商品である円建ての普通預金や定期預金は安全性が高く、生命保険は保障内容次第で収益が見込めます。債券も発行元が破綻しない限り満期に保有していれば満額保証なので比較的安全性は高いです。一方、株のように投機目的が強い商品は経済動向や為替変動に左右される為、収益性とリスクが正比例の関係にあります。

↑PAGE TOP