投資での資産運用

投資での資産運用について

マイナス金利で投資のメリット

「銀行に貯金しても、金利はごくわずか」というマイナス金利時代の資産運用はどうするのがいいのでしょうか。デフレがこれからも続くようなら、「タンス預金」もメリットがあるかもしれませんが、もっと積極的な資産運用の方法があります。それが投資です。投資には株式、債権、不動産、商品市況など様々なものがありますが、値動きの幅やリターンとリスクなどそれぞれに特徴があります。リスクを分散するために、複数の商品を組み合わせる「ポートフォリオ」が推奨されています。様々な商品を組み合わせるのは難しい、という方でも、ファンドなどを購入すれば可能です。

投資における資産運用の特徴とは

資産運用には、投資は欠かせない手段です。しかし、難しい点も多く、初心者には手を出しにくいものでもあります。そこで、初心者の人にも分かりやすい投資の特徴について解説します。まず、株式や債券、コモディティーなどと言った商品があります。これらには、経済市場の動向に大きな影響を受けやすいという特徴があり、売り買いのタイミングが重要だとされています。また、リスクやリターンの違いも大きく、株式に関してはリスクが大きい反面、リターンも大きいことが期待できます。一方、債券などは、リスクが比較的低い傾向があり、長期での資産運用に適しています。

↑PAGE TOP