投資をするリスク

投資をするリスクとは

投資をするリスクしないリスク

投資をすると、元本割れの危険があります。株式しかり、不動産しかりです。しかし、投資をしないことも危険です。日本銀行は、様々な金融緩和策を打ち、緩やかなインフレを目指しています。今のところ上手くいっているとは言えませんが、少なくとも預金や個人向け国債など安全な運用資産の利息は減少しました。肝心の賃金も思ったように上昇していないのが実情です。現在の金融政策が続く限り、多少のリスクをとった資産運用が必要でしょう。労働によって得た賃金の一部を運用して、お金にも働いてもらうことができれば、資産形成に役立つとともに、近い将来あるかもしれないインフレのリスクヘッジにもなるのです。

資産運用で金利に打ち勝つ

超低金利からマイナス金利の時代となりました。定期預金や個人向け国債など安全な商品で資産運用しても、ほぼタンス預金と変わらない状況です。現在の金融政策が続く間は、リスクをとった資産運用が必須と言っても過言ではありません。その手法は、大きく3つに分類できるでしょう。一つ目は自分自身でビジネスを立ち上げること、二つ目は不動産投資、3つ目は株式投資です。どの手法も収益を上げるのは簡単ではありませんが、参入のハードルが低いのは株式運用です。株式は市場でいつでも売買できることと、ほぼ平等に情報が得られることがその理由です。

↑PAGE TOP